FC2ブログ
『見仏記2』
- 2011/09/06(Tue) -
いとうせいこう、みうらじゅん 『見仏記2』(角川文庫)、読了。

またもや買ってしまった見仏記。
仕事に疲れると、こういう世界に逃げたくなります(苦笑)。

今回のいとうさんの文章は、前回ほどの堅苦しさを感じず、
肩の力が抜けた読みやすい見仏文章でした。
雑誌の企画という枠組みから抜け出し、2人だけで見仏に出てしまったという勢いと、
2人だけで自由に会話ができるという自由な感じから、
バランスの良い空間が出来上がったのではないかと思われます。

前回は仏像そのものが気になって「写真を見た~い」と感じてしまったのですが、
今回は、道中での2人のやりとりが一層面白く、
仏像そのものよりも、仏像を見て2人が何を感じたのか、
そしてどんなバカ話をしたのかという方に興味を持ちました。
本に描かれた世界だけで、十分楽しめたという印象です。

四国や北陸といった遠出以外に、目黒のお不動さんも出てきて、
昔、目黒に住んでいた身としては、懐かしく感じました。
でも、五百羅漢寺は拝観したことが無かったのが悔やまれました。
今度、行ってみたいと思います。


見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)
いとう せいこう みうら じゅん

角川書店 1999-01
売り上げランキング : 23361

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  いとうせいこう | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『安岡正篤 昭和の教祖』 | メイン | 『東大落城』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2594-7d06cc23
| メイン |