FC2ブログ
『人生万歳!』
- 2011/09/04(Sun) -
『人生万歳!』

ウディ・アレン万歳!
文句なしに面白かったです。

偏屈・物理学者を演じるラリー・デヴィッドが、機関銃のように喋りまくる。
しかも、観客を巻き込みながら(笑)。

人間嫌いで、無神論者で、物事のマイナス点にしか目が行かない偏屈じじい。
初対面の人を面食らわすには十分な逸材なのに、
なぜか影響力も抜群。
その思考内容が、少しずつ、周囲に伝染していき、そして人々の生き方を変えていく。
このあたりの描写がとっても上手かったです。

そして、この伝染の媒介となっているのが、
エヴァン・レイチェル・ウッドが演じた南部からの家出少女メロディ。
純粋無垢な感じが、清潔感と清涼感を与える少女です。
この役を演じるのは、結構、難しいのではないかと想像します。
変な嫌らしさが出てしまいそうで。
なのに、爽やかに可愛らしく演じたのさ凄い!

脇役たちもはまってて、
また、NYの町並みとのマッチングもお見事。
中華食材を売る店から、ユニクロまで、使い方が上手いです。

最後、偏屈ボリスには、かわいそうな展開が待っていますが、
そこを変に深刻に見せるのではなく、カラッと見せる演出もお見事。
そして、ラストシーンまでの持っていき方が素敵。

75歳になっても、こんな脚本を書いて、こんな風にヒトとマチとを見せることが出来る
この監督さんの才能に脱帽。


人生万歳! [DVD]人生万歳! [DVD]
ウディ・アレン

アルバトロス 2011-05-03
売り上げランキング : 31885

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
この記事のURL |  ウディ・アレン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『東大落城』 | メイン | 『悩む力』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2592-0ed5515a
| メイン |