FC2ブログ
『死にぞこないの青』
- 2011/08/22(Mon) -
乙一 『死にぞこないの青』(幻冬舎文庫)、読了。

今まで読んだホラー系作品の中で、相当ハイレベルなものでした。
(ま、怖がりの私が読むホラーなんて限られていますが・・・・)

大卒新人教師が受け持ったクラスでは、
生徒の人気を維持しようと、先生自らが、一人の生徒をいじめの標的にした・・・・。

この手の作品を読むと、人間の内面の嫌らしさのようなものに恐怖を感じるのですが、
本作では、それ以上に、アオの存在感が恐怖でした。
その身体的特徴の描写が恐ろしくて。

しかし、しかし、もちろん、人間たちが恐ろしいことには変わりが無く。
特に、担任教師がいじめに走る過程の描写がお見事。

最初は、純粋に、生徒や親たちの期待感により人気があった先生が、
熱心に教育を施そうとした結果、生徒たちが距離を置き始め、
それを取り戻そうとした手段が、「いじめの構造の創出」だったというところ。
やっている行動の程度は異常すぎるのですが、でも、その心理的な部分は
読んでいて理解できるものがありました。この辺の説得力が凄いです。

最後、どのような結末に持っていくのか興味深々でしたが、
担任教師にとっては、不安の種をずっと持ち続けるという復讐になっています。
ある意味、死よりも、過酷な復讐なのかもしれません。

ところどころ、小学5年生にしては難しい思考をしているところがあり、
(著者があとがきで書いているような表現の話ではなく、思考内容のこと)
キャラクター設定を加味しても、ちょっと無理があるかなと思いましたが、
全般的には、このような環境に置かれた子供をよく描いていると思いました。

凄い作品です。


死にぞこないの青 (幻冬舎文庫)死にぞこないの青 (幻冬舎文庫)
乙一

幻冬舎 2001-10
売り上げランキング : 38408

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  乙一 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『サイコ』 | メイン | ダイビング @熱海>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2586-d2869adf
| メイン |