FC2ブログ
『特殊防諜班 連続誘拐』
- 2011/08/20(Sat) -
今野敏 『特殊防諜班 連続誘拐』(講談社文庫)、読了。

警察モノの別シリーズかと思って買ってきたら、
主人公は自衛隊のレンジャー隊員くずれ。
おぉ、兵隊モノか!?と期待したのに、
超能力者・霊能力者がゾロゾロ出てきて、途中から冷めてしまいました。

主人公のキャラクター設定とか、そのパートナーとのやりとりとか、
エッセンスは今野作品に共通していると思うのですが、
予知能力とかテレパシーとかいうところが、どうしても引っかかってしまって・・・。

最初のころは、「初対面の人間の心を読む」という出来事が、
結局は情報戦の成果だという謎解きがなされていて、
霊能力なんかの解説もしてくれるのね~と思ったら、
恵理の登場後は、それらの特殊能力ありきの展開になってしまいました。

また、ストーリーも、基本的に主人公が自ら真実を探った部分は少なく、
すでに他の組織が推理していた筋書きを後追いしているだけで、
謎解きメインで読むと、イマイチだと思います。

私の個人的な感想としては、ユダヤ人と日本がつながっているという話が
非常に興味深かったので、あまり気になりませんでしたが。
ま、この古代日本の謎的なエピソードをもとに、アクションものを書きたかったという
その2つの要素が作者の目的の全てだという印象を受けました。

解説を読んだら、25年も前の作品に
改題い改題を重ねて、今の形になっているとのこと。
あえて、現在ヒットしているシリーズの装丁に合わせて再レイアウトした
出版社側の販売戦略に、まんまと嵌められてしまいました。

主人公は魅力的だったので、
シリーズの他の作品が、リアリティのある環境設定だったら読もうかな。


特殊防諜班 連続誘拐 (講談社文庫)特殊防諜班 連続誘拐 (講談社文庫)
今野 敏

講談社 2008-12-12
売り上げランキング : 255733

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  今野敏 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<『誰か Somebody』 | メイン | 『東京オリンピック生まれの男』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2583-4f1db874
-『特殊防諜班 連続誘拐』-
特殊防諜班 連続誘拐 (講談社文庫)今野 敏 講談社 2008-12-12Amazonで詳しく見るby G-Tools関連商品 特殊防諜班 組織報復 (講談社文庫) 特殊防諜班 標的反撃 (講談社文庫) 特殊防諜班 最終特命 (講談社文... …
2011/09/21 21:43  雨読夜話 ▲ top

| メイン |