FC2ブログ
番宣&Q&RT
- 2011/07/31(Sun) -
『世界の果てまでイッテQ!番宣』(2010年9月5日放送)
モンブラン登頂企画の前に、富士山登頂企画の再編集版。
単に短く編集しているだけで、新しい要素ゼロだったので早送り。

『世界の果てまでイッテQ!』(2010年9月5日放送)
モンブラン登頂企画の後編です。
あの山に登るのは凄いことだと思います。
あの景色も素晴らしかったです。
でも、なぜこの番組で・・・・・・・?
ところどころに笑いは入れていますが、9割方は苦しいシーンの連続で、
私の苦手な『ウリナリ』を、そこに見てしまいました。
結果、こちらも早送りがちに見るという始末。
イモトさんゴメンね。でも、私は、登山家としてのイモトさんではなく、
芸人イモトアヤコのほうに興味があるのよね~。
次回からのレギュラー放送に期待ですね。
あ、角谷さんは、めちゃくちゃ格好良い人ですね。
褒めて、おだてて、叱るところは叱って。大人の男を見ました。

『THE RED THEATER』(2010年9月8日放送)
最終回も、通常通りの1時間放送。
そういうところでも、やっぱり失速感じは否めないですねぇ。
ユニットコントとして成功したものをもってきていましたが、
ストーリーものは、感動的な最後を付けようとしたのが若干鼻について・・・。
壮大なストーリーにもっていくのは、1個でよかったのではないかと。
観客のリアクションも興を殺ぐようなわざとらしさで・・・。
『笑う犬』での小須田部長を思い出してしまいました。
あれは、本当に、作り込んだ良いコントだったなぁ・・・としみじみ。
あの小須田さんの壮大さが映えたのも、他のコントが下らなかったからだと思います。
というわけで、この放送でも、もっと軽いノリで最後を締めるものがあっても良かったのかなと思います。
ま、コントへの皆の熱い思いがそうさせてしまったと思うことにします。
その点、天使と悪魔と小柳は、最後まで下らなくてよかったです。
メンバー全員の登場のさせ方も、一人ひと笑い取れよという
支配人からの叱咤激励だったと感じました。
感動ではなく、あくまで笑いがメインというのが、支配人らしくて良かったです。
杉山さんがコントに参加できなかったのは残念ですが、
その分、EDトークで活躍してたので、番組としては上手く締まったのではないでしょうか。
EDのメッセージ ”ALL YOU NEED IS LAUGH” には、ジーンときました。
観る方、作る方、両者に向けたものだと思います。
いつか、また、充電して、良いコントを見せてほしいですね。


Reservoir Dogs: Original Motion Picture SoundtrackReservoir Dogs: Original Motion Picture Soundtrack
Various Artists

Mca 1992-10-13
売り上げランキング : 8019

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
この記事のURL | ウンナン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<S革&Q&イメドキ | メイン | 『トーキョー・プリズン』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2550-d2ff96b2
| メイン |