FC2ブログ
『漱石を売る』
- 2011/07/22(Fri) -
出久根達郎 『漱石を売る』(文春文庫)、読了。

古本屋主人としてのエッセイ集。
オーソドックスな出久根エッセイで、楽しめました。

古本を売る人、古本を買う人
それぞれの視点で本を愛する人が描かれていて、
共感や憧れを抱いてしまいます。

一方で、時々、本とは縁の無さそうな人も登場し、
そういう人にとって古本はどのように見えているのかということも知ることが出来、
興味深かったです。

本作中で、安易に古本屋に憧れることをたしなめていますが、
でも、やっぱり、憧れてしまいます!


漱石を売る (文春文庫)漱石を売る (文春文庫)
出久根 達郎

文藝春秋 1995-09
売り上げランキング : 908511

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  出久根達郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ダイビング @獅子浜 | メイン | 『ウディ・アレンの夢と犯罪』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2543-5e2e2d2b
| メイン |