FC2ブログ
『1985年の奇跡』
- 2011/07/18(Mon) -
五十嵐貴久 『1985年の奇跡』(双葉文庫)、読了。

野球モノは、やっぱり面白いですね。
チームプレー、個人スキルの差、部活動、学校と、青春小説の舞台としては、完璧です。

というわけで、本作も楽しめたのですが、
ただ、残念だったのは、野球ものとしての面白さはあっても
五十嵐作品としてのオリジナルの面白さはイマイチだったこと。

超高校生級のピッチャーが入部してくることでポンコツ野球部に火が灯るわけですが、
このピッチャーの球を、この野球部のキャッチャーがいきなり受けられるとは思えず。
そして、全般的に、野球そのもののを描いたシーンが少ないことを思うと、
あんまり、野球に詳しくない作家さんなのかしら?

あと、墨山高校との最初の対戦のときの思わぬ展開に対して、
たしかに、チームメートからすれば、沢渡投手に「なぜ?」と聞きたくなるのは分かりますが、
スポーツとして対戦しているんだから、まずは墨山高校の卑劣な作戦に対して
怒りが湧くのが最初じゃないのかな?と思います。
高校生なら、なおさら。
なのに、その怒りが、非常に遅れて出てくるところに、強く違和感を感じました。

それでも、最後の墨山高校戦の応援シーンには感動しました。
ああいう受け入れ方もあるもんなんだと。
高校生らしい青春を感じさせる場面でした。

あと、個々のキャラクター設定は、ちょっと中途半端な気が。
癖のあるチームメイトなのに、その活かし方が表面的です。
また、成績がFクラスの割には、会話でのツッコミに
「高野聖」とか「外様の取り潰し」とか出てきて、非常に違和感。

沢渡投手に関しては、「1985年の高校生にしては波乱万丈過ぎるだろー」と
突っこんでしまいましたが、良くも悪くも、ラストシーンに向けては必要な設定ですね。はい。


1985年の奇跡 (双葉文庫)1985年の奇跡 (双葉文庫)
五十嵐 貴久

双葉社 2006-06
売り上げランキング : 119666

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  五十嵐貴久 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<S革&Q | メイン | 池袋演芸場 7月中席 昼の部>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2536-1a646ef9
| メイン |