FC2ブログ
池袋演芸場 7月中席 昼の部
- 2011/07/17(Sun) -
3連休の中日は特に予定を立てていなかったのですが、
川柳師匠がトリを務めていると知り、池袋演芸場へ向かいました。

急に決めていったので、昼の部の頭には間に合わず、
ちょうど、柳家小せん師匠が高座に上がるところから入れました。
小せん師匠と言われてもピンと来ませんでしたが、お顔を拝見したら鈴々舎わか馬さん
真打に昇進されてから初めて聞きましたが、
「金明竹」の上方言葉のリズムがとても気持ちよいんです。お見事!

続いて、橘家圓太郎師匠で、「浮世床」。
かな文字を学んで、なんとか字が読めるようになった男が
四苦八苦して『太閤記』を皆に読んで上げるという噺ですが、
とにかく四苦八苦ぶりの表現が面白かったです。
池袋の小さめの箱だからこそできる顔芸ですね。

すず風にゃん子・金魚師匠は、出端の掴みがイマイチ乗れない感じでしたが、
後半の畳み掛けが凄かったです。舞台を縦横無尽に走り回って
時には舞台から落ちそうになりながらのネタでした。

柳家はん治師匠は、『まんが日本昔ばなし』を思い起こさせるような
ちょっと力を抜いた話し方で、今日の舞台に緩急がつく、良い味になってました。
まくらの新幹線でのアクシデントも、その訥々とした語り口とのギャップが面白く、
「生簀の鯛」も面白かったです。三枝師匠が作った噺なんですね。

そして、本日の目当て①三遊亭圓丈師匠です。
天どんさんで落語の世界にはまってしまった自分としては、
是非とも見ておかなければいけない噺家さんです。
まくらは、昔の池袋演芸場をネタにしたもの。
昔の姿を知らなくても、爆笑できました。さすがです。
そして噺は「がまの油」。笑々なんかのエピソードも入れて、今風に仕上がってます。
声がめちゃくちゃ出ていることにも驚きました。一流はやっぱり凄い。

続いて、ダーク広和さんが出番までに来ていないというトラブルのため、
急遽、次の林家正蔵師匠が上がることに。
そのドタバタをネタにした掴みは面白かったのですが、噺のほうはイマイチ。
「ねずみ」でしたが、どうも私は、正蔵師匠の演じ分けに難癖を付けたくなってしまいます(苦笑)。

仲入り前は、ダーク広和さんの登場。万雷の拍手で登場(笑)。
明治や大正のころから続くという手品ですが、
ネタ自体は地味なものを、話術と、一捻りの演出で面白く見せてくれます。

仲入り後は、お目当て②桃月庵白酒師匠。
池袋演芸場に来ているカップルをからかいつつ入る「短命」は、
同じ流れで前にも聴いたことがあるにも関わらず、やっぱり笑えてしまいます。
なんと言うか、噺の活きの良さを常に感じさせてくれる噺家さんです。

続いて、柳家小満ん師匠で「夢の酒」。
ちょっと噺として迫力不足な印象でした。残念。

林家正楽師匠の紙切りは、いつも見ていて楽しいです。
出来上がる作品の素晴らしさもそうなんですが、
もう一つの見所は、お題を出すお客さんとの呼吸。
一捻りあるお題を出すお客さんの側の芸も大事な要素だと思います。

トリは、川柳川柳師匠。お目当て③です。もちろん演目は「ガーコン」。
「待ってました!」との声がかかる中での登場とあって、会場もあったまり、川柳師匠の歌声も高らか。
今日は、今までに見た中で、一番声が出てました。80歳であの歌声はお見事!
合間合間に、小話的に世相も斬り、気持ちよく笑えました。
楽屋の圓丈師匠の様子をネタにしていましたが、
どんな演目にするか楽屋で真剣に悩む姿に、一流芸人を感じました。

小せん師匠のリズム感に始まり、川柳師匠の歌で締める。
気持ちの良い笑いを楽しめた一日でした。


まんが日本昔ばなし DVD-BOX 第1集(5枚組)まんが日本昔ばなし DVD-BOX 第1集(5枚組)

東宝 2011-04-01
売り上げランキング : 163

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
この記事のURL | 落語 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『1985年の奇跡』 | メイン | 『狂いのすすめ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2535-c4025ff0
| メイン |