FC2ブログ
『くっすん大黒』
- 2011/06/26(Sun) -
町田康 『くっすん大黒』(文春文庫)、読了。

今まで読んだ町田作品で、最も面白かったです。

現実性のあるストーリーが展開され、
しかし、主人公の思考はどこか的外れで、
そのバランスが良かったです。

そして、その理性と不条理のバランスをとっているのが
大黒様の置物だという設定が、またまた不思議な世界観を醸し出しています。

芥川賞の審査員の面々には、
『きれぎれ』のほうが評価が高かったようですが、
私は、あそこまで行ってしまうと、ちょっとついていけなくなってしまいます。
というわけで、いつもながら、「芥川賞は苦手だなぁ・・・」という感想に落ち着きました。


くっすん大黒 (文春文庫)くっすん大黒 (文春文庫)
町田 康

文藝春秋 2002-05
売り上げランキング : 6946

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  町田康 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『チョコレートゲーム』 | メイン | 『霧越邸殺人事件』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2503-550c17d1
| メイン |