FC2ブログ
『切羽へ』
- 2011/06/24(Fri) -
井上荒野 『切羽へ』(新潮文庫)、読了。

直木賞受賞作。
著者の名前を知ったのは、この受賞のニュースででした。
他に2作品読んでから、いざ、受賞作へ。

まず、主人公夫婦の日常生活の描写に、少し驚いてしまいました。
いわゆる普通の夫婦なのですが、その情愛の細やかさに、
当てられてしまったのか、なんなのか、
不躾な性描写よりもドギツイ生々しさを感じてしまいました。

小説をたくさん読んでも、意外と、普通の夫婦の情愛という描写には出会わものだと
気づいてしまいました。そして、私は、あまりこの世界を好んでは見たくないと
感じていることも、わかってしまいました。

ストーリー的には、あまり大きな出来事は起こりません。
1年と少しの間に、とある島に起こる些細な出来事を書き連ねていきます。
しかし、そこに物足りなさを感じることはありませんでした。
エピソードの切り取り方がうまいです。

著者の小説書きとしての力量を実感できる作品です。
ただ、私個人の好みには合わない作品でした。


切羽へ (新潮文庫)切羽へ (新潮文庫)
井上 荒野

新潮社 2010-10
売り上げランキング : 14637

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  井上荒野 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ピンクパンサー2』 | メイン | 『ボーダー』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2499-551396c8
| メイン |