FC2ブログ
『学問はどこまでわかっていないか』
- 2011/05/27(Fri) -
堀田力 『学問はどこまでわかっていないか』(講談社文庫)、読了。

著者が、学者先生に、その専門分野に関わる疑問をぶつけるという企画。
登場する学者たちは、錚々たるメンバーです。

ただ、著者の興味関心が、当時積極的に取り組んでいたという
ボランティア活動の話に集中しがちなため、
一冊を通してみると、やや、テーマが狭いかなと感じました。

ロッキード事件の特捜検事という経歴を持ちながら、
この対談では、結構、学者先生にバッサリと斬られたりしてます。
上野千鶴子に突っ込まれたり、切り返されたり、
野口悠紀雄に至っては取り付く島もなし・・・という感じ。

きっと、著者が真正面から向かっていったから、
学者の方も、真面目に返してきたんでしょうね。

そして、大前研一は、やはり話が上手い。

また、今回の収穫は、猪口邦子の話が面白いということが分かったこと。
国際政治学の著作は読んでみたいですね。
ただ、専門分野の話を聞いた今、なんでこの人が少子化対策の大臣だったのかは、
よく分からなくなってしまいました(苦笑)。


学問はどこまでわかっていないか (講談社文庫)学問はどこまでわかっていないか (講談社文庫)
堀田 力

講談社 1997-09
売り上げランキング : 1275012

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  上野千鶴子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『トヨタ・レクサス惨敗』 | メイン | Q&ラフ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2461-46991b5d
| メイン |