FC2ブログ
『Bランクの恋人』
- 2011/05/10(Tue) -
平安寿子 『Bランクの恋人』(光文社文庫)、読了。

この作家さんが描く、いわゆる「負け犬女」が好きなんですよねー。
自分が大好きで、人に振り回されたくなく、
でも、他人の目も気になり、未婚に若干の負い目を感じる。
そんな自分を意外と冷静にかつ自虐的に評価しているところなんざ、
自分のことみたい(苦笑)。

ただひたすら負け犬根性なのでもなく、
また、一人で生きていくのよ!と肩ひじ張るのでもなく、
ちょっと自虐的に自分を笑えるキャラなのが、上手いんです。

自分を笑えるっていうのは、
意外と残酷に自分のことも周囲のことも分析しているってことじゃないかと思います。

でも、自分や周りと距離をとるだけではなく、
時々甘えて見せたり、弱さを出して見せたり。
そういうところが下手な主人公が登場してくるので、共感できるのだと思います。
そして、図らずも、上手く甘えられる展開になってしまった主人公たちを羨ましくも思います。

私も、ゲイのお友達が欲しくなっちゃいました。


Bランクの恋人 (光文社文庫)Bランクの恋人 (光文社文庫)
平 安寿子

光文社 2009-06-11
売り上げランキング : 126831

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  平安寿子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<RT&ラフSP | メイン | 『則天武后』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2437-20a541ce
| メイン |