FC2ブログ
『少将滋幹の母』
- 2011/04/23(Sat) -
谷崎潤一郎 『少将滋幹の母』(新潮文庫)、読了。

阿刀田センセが題材にしていて興味を持った作品です。

平安期の古典なのに、
夜中に死体を眺めたり、おまるを盗んで中身を見たりと、
結構、ゾクッとするような場面立てがあり、新鮮でした。
これは、当時のエロ・グロ・ナンセンスなのでしょうか。

谷崎作品には慣れ親しんでいないので、
その耽美さを深く読み込めるところまでは至りませんでしたが、
文章の流麗さは、さすがだなと思いました。


少将滋幹の母 (新潮文庫)少将滋幹の母 (新潮文庫)
谷崎 潤一郎

新潮社 1953-10
売り上げランキング : 45979

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『乃木坂血風録』 | メイン | 『頭の散歩道』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2413-3fe857a0
| メイン |