FC2ブログ
『葡萄が目にしみる』
- 2011/04/02(Sat) -
林真理子 『葡萄が目にしみる』(角川文庫)、読了。

傑作青春小説ということで読んでみたのですが、
どうも、林真理子作品は合わないのかなぁ・・・と思い始めてしまいました。

田舎の中学・高校を舞台に、内気な女の子が世界に目を広げていく過程を
描いていきますが、どうにも純粋さが気になってしまって・・・(苦笑)。

人間が持つ悪意(無意識なものも含めて)に感覚的には気付いていながら、
そこに蓋をするような無関心さを装う姿に、
少しイライラしてしまうところがあります。

むしろ、山田詠美や江國香織のように、
悪意に対して悪意で挑むぐらいの、ドロドロとした人間模様が展開されるほうが
私は好きなようです。
現実は、それでは疲れてしまって仕方がないでしょうけれど(苦笑)。

というわけで、ちょっとキレイ過ぎるような印象で終わってしまいました。


葡萄が目にしみる (角川文庫)葡萄が目にしみる (角川文庫)
林 真理子

角川書店 1986-03
売り上げランキング : 156737

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  林真理子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ジキル博士のハイドを探せ』 | メイン | 『ZOO1』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2396-9cea4122
| メイン |