FC2ブログ
『ZOO1』
- 2011/04/01(Fri) -
乙一 『ZOO1』(集英社文庫)、読了。

さっそく、乙一作品を広げてみました。
映画にもなったし・・・と期待していたのですが、やや空振り感。

グロさとか、嫌らしさとかもあるのですが、
何より、設定を捻り出すのに力を使いすぎて、
物語自体のヤマが平坦になっているように感じます。

ストーリーテリングの力が、少し弱いというか・・・。
「で、何がいいたかったの?」が、あまり伝わってきません。

作品としては、「SO-far」が面白かったです。
起承転結の「転」が、結構、好みな感じでした。
あとは、最後を、しっかりと印象を残す一文で締められれば、
面白い作品として完成していたのではないかと思います。


ZOO 1 (集英社文庫)ZOO 1 (集英社文庫)
乙一

集英社 2006-05-19
売り上げランキング : 93128

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  乙一 | CM(0) | TB(2) | ▲ top
<<『葡萄が目にしみる』 | メイン | 『博士の愛した数式』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2395-1210bf59
-小説『ZOO 1』乙一-
 異能の作家、乙一の短編集。最近、映画化されることが多い乙一作品ですが、その映画化ラッシュ、この『ZOO』の映画化が嚆矢だったような気がします。 ZOO〈1〉 (集英社文庫)乙一集英社 2006-05売り上げラ... …
2011/04/02 22:16  闘争と逃走の道程 ▲ top

-「ZOO」乙一-
ZOO1   カザリとヨーコ/SEVEN ROOMS/   /SO-far そ・ふぁー/陽だまりの詩/ZOO ZOO2   血液を探せ!/冷たい森の白い家/Closet   /神の言葉/落ちる飛行機の中で/むかし夕日の公園で しばらくさぼってた、乙一さん。再開。 全体として、 どうや …
2011/06/06 17:47  読書感想文 と ブツブツバナシ ▲ top

| メイン |