『復活の日』
- 2011/03/15(Tue) -
小松左京 『復活の日』(角川文庫)、通読。

タイトルに惹かれて読み始めたのですが、
地震の余震が続く中で読むべき本ではありませんでした。

未知のウィルスが世界中に蔓延する話なので、テーマは異なるのですが、
それでも「街が壊滅」というような描写に行きあたると、
被災地の映像が思い起こされて、読み飛ばしたくなります。

1964年に書かれた作品ですが、
先日の新型インフルエンザ騒ぎを思うと、この想像力の的確さには恐れ入ります。
さすが日本が誇るSF作家です。

ただ、小説としての完成度については、私は不満を持ちました。
被災レポートのような描写が続き、
正直なところ、物語としての進展がほとんどありません。
最後の数十ページで、やっと主人公が動き出すような感じです。

その点では、『油断!』と同じような感想です。


復活の日 (ハルキ文庫)復活の日 (ハルキ文庫)
小松 左京

角川春樹事務所 1998-01
売り上げランキング : 15224

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  小松左京 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<『ケータイ大国のモバイルビジネス入門』 | メイン | 『猫と魚、あたしと恋』>>
コメント
-TBありがとうございます。(^ァ^)-
仰る通り、主人公の出番のなかなか来ないのが、もどかしかったですね。(笑)
半世紀以上も前のSF作品。 その内容も、文章も、いささか硬くって、スイスイとは読み進められないんですが、その割に、お話しの舞台が(主人公をさし置いて)世界各地を転々と駆け巡る忙しい小説でした。(笑)
本書の前提として、著者は細菌・ウィルスやその防疫問題に関する膨大な取材を行ったであろうと考えるのですが、そういったSF作家としての姿勢が、後のベストセラー「日本沈没」へと続いたのでは想って、興味深かったです。
2017/03/27 20:38  | URL | もとよし #-[ 編集] |  ▲ top

--
もとよし様

CMありがとうございます。
本作を、311地震の直後に読んでしまったので、
精神的に受け止められる状況ではなかったかもしれません。
ただ、読むのがしんどくなるぐらい、
被害の描写が上手かったということなんだと思います。
さすが日本を代表するSF作家さんですね。
2017/03/29 07:17  | URL | かもめ組 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2370-998479fb
| メイン |