FC2ブログ
『ルーキー』
- 2011/03/06(Sun) -
山際淳司 『ルーキー』(角川文庫)、読了。

西武ライオンズ入団一年目の清原選手を
他の選手たちの目を通して描き出した作品です。

私は子供のころ、近鉄バファローズのファンだったので、
パリーグの有名どころの選手は知っていたつもりですが、
清原選手の名前こそ知れど、その成績の偉大さは本作で初めて認識しました。

高卒ルーキーとして入団1年目で残した記録の素晴らしさは、
この本を読めば、良くわかります。
そして、高校生時代から、彼がどれだけ真剣に野球に取り組んできたかも。

きっと、私が森監督の野球スタイルをあまり面白いと思えなかったので、
無意識のうちに西武というチームを私が遠ざけていたのかもしれません。
(だって、いてまえ打線と森・西武は対極のチームですよね!?)

巨人に移籍し、オリックスへ移り、その間にいろいろと言われた清原選手ですが、
巨人での最後の年だったか、オリックスに移ってからだったか、
シーズン初めに「もの凄く精悍な顔つきをしてる!」と印象に残った年がありました。
30代後半に入ったベテラン選手であり、かつ大選手なのに、
それでも肉体改造をしてシーズンに臨むのかと、驚いた記憶があります。
その時、世間の評価を突き抜けて、「清原というのは凄い野球選手だ」と
初めて認識した記憶があります。

彼の野球への真摯な思いは、この作品を通して伝わってきたので、
テレビで解説をしてくれたら、面白そうだな・・・と感じました。

あと、本作の中でちょこっとだけ落合選手と清原選手の対談のシーンが
収録されていますが、いつかしっかりと落合理論を読んでみたいです。


ルーキー (角川文庫)ルーキー (角川文庫)
山際 淳司

角川書店 1989-07
売り上げランキング : 257280

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  山際淳司 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『マーケティング2.0』 | メイン | 『恋するベーカリー』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2362-4c84b957
| メイン |