『夜のピクニック』
- 2011/03/02(Wed) -
恩田陸 『夜のピクニック』(新潮文庫)、読了。

やっぱり恩田作品の学園モノは面白い!
一気に読み通してしまいました。

24時間かけて歩き続けるという高校生活でのイベント。
その行程で主人公の西脇融と甲田貴子が考え、行動し、成長していく様を描いています。

本作の解説でも、他の本読みさんのBlogでも
「大きな出来事は起こらないが・・・」というコメントを見かけましたが、
私は、この2人が経験したことは、2人にとってとてつもなく意味のある
大きな出来事だったと思います。
それを、本作を読むことで、一緒に経験できたような気持ちになりました。

彼らを取り巻く友人たちのキャラクターも気持ち良く、
「親友」というものの有難みや、「友人」たちが「親友」たちに
適切な距離感をとって接するところなんかも、素敵だなぁと思いました。

工夫のない表現ですが、「青春」というものを強く感じさせてくれる一冊です。

本作の舞台になったような進学校では、
ややもすると高校生活の3年間は、受験勉強だけの灰色の期間になりかねないのに、
このような学校全体で一体感を感じられて、しかも友人たちと思い思いのスタイルで
時間を共にできるイベントを主催できる学校というのは、素晴らしいなと思いました。

私が通った高校では、ここまでの大きなイベントはありませんでしたが、
勉強、勉強と周りから言われる中で、毎年3日間かけて行われる
姉妹校とのスポーツ大会は強く印象に残ってます。
学校全体が一致団結して勝とうと思う気持ちと、友人たちと純粋にスポーツを
楽しもうという気持ちとが混ざって、充実した3日間でした。

青春っていいなぁ。


夜のピクニック (新潮文庫)夜のピクニック (新潮文庫)
恩田 陸

新潮社 2006-09
売り上げランキング : 6818

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  恩田陸 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<『家路の果て』 | メイン | 内さま>>
コメント
--
青春って・・・いいですよね~(´∀`)
あたしもこの本大好きでした。
ただただ青春だなと思ったのですが、丸1日歩くだけながらしっかりそこにテーマを持ち込んでこの日にかける人とかいるんですよね。
この本が人気あるのとてもわかります(^^)
2011/03/02 16:09  | URL | igaiga #jWiXvKEs[ 編集] |  ▲ top

--
igaigaさま

CMありがとうございます。
こういう青春の一日って、いいですよねー。
ワタクシ、前々から、「バカを一生懸命やることが一番楽しい」と思っているのですが、
こういう、外部からみると何だかよくわからないイベントでも
自分で前向きな意味を見つけて積極的に楽しめる人というのに憧れます。
大人になっても、バカを出来る人でいたいなぁとツクヅク感じます。
2011/03/02 23:25  | URL | かもめ組 #obYDgEv2[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2359-d0ac707a
| メイン |