FC2ブログ
『蒲生邸事件』
- 2011/03/01(Tue) -
宮部みゆき 『蒲生邸事件』(文春文庫)、読了。

何も考えずに読み始めたのは、なんと2月26日。
まさに二・二六事件の日です。ちょっと不思議な縁。

さて、本作は、本読みさんたちのBlogで絶賛されていることが多いので、気になってました。

というわけで期待値は大きかったのですが、前半がちょっと退屈でした。
主人公が、あまり知識・教養のない設定なので、二・二六事件の説明が
ところどころに入ってきて、すこし冗長な印象です。物語の進みも遅いし。

また、どうにも、主人公のキャラクター設定に満足できず。
本作に限らず、「勉強の出来が悪く、世間にも疎い、何も考えずに生きてる男子」という
主人公が、どうも私は苦手のようです。

何か一つ、他人よりも秀でた特徴や、個人的な興味関心があるのなら、
それをキーにして巻き込まれた事件に対処していく・・・というのは納得感が高いのですが、
「この男子がこの場面でこんなに柔軟に対応できるか?」という疑問を持ってしまうと、
なかなか感情移入がしにくいんです。

本作でも、二・二六事件どころか、日本の近現代史が全く分かっていない主人公が、
いくらタイムトリップしたからといって、こんなに状況を即座に把握して
上手く立ち回れるのかいな?と疑問に思ってしまいました。

あ、あと、タイムトリップものも、あまり私は得意じゃないかもしれません。
タイムパラドックスの方に意識が行ってしまうのと、
どうしてもご都合主義な展開に思えてしまうところがあるので。

ただ、本作は、2人目の時間旅行者が登場して、
その2人の時間旅行観の違いが顕わになってきてからが面白かったです。
ま、かなり後半ですけれど。


蒲生邸事件 (文春文庫)蒲生邸事件 (文春文庫)
宮部 みゆき

文藝春秋 2000-10
売り上げランキング : 73168

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  宮部みゆき | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<内さま | メイン | 日テレ番組SP&S革>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2357-30b46a7f
| メイン |