fc2ブログ
『再生の朝』
- 2006/04/01(Sat) -
乃南アサ 『再生の朝』(新潮文庫)、読了。

出だし、登場人物の紹介とばかりに目まぐるしく場面が切り替わるので、
「読みにくい書き方だなあ」とやや苦戦したのですが、
話が進むにつれて、「この人は事件ではなく人々を書こうとしているんだ」
と思い当たりました。

バス・ジャック事件の話となると、
どうしても西鉄バスの事件を思い出してしまい、
事件そのものの展開がどうなるのかということに意識が行きがちでした。
しかし、バス・ジャックという非日常の世界に巻き込まれた人々は、
常に緊張しっぱなしなのではなく、ふと自分に戻る、日常に戻る瞬間があり、
その緊張と緩和の行き来を上手く描いているなと思いました。

そして、善人だと思っていた人物が自分本位さを爆発させる瞬間や
協調性のなさそうな人物が見せる優しさ等、
人間の持つ多面性の移り変わりも描かれていました。

後半は、どのように話を閉じるのだろうかと思いながら
ズンズン読み進めていったのですが、
意外な展開に驚きつつ満足。

面白かったです。

再生の朝
再生の朝乃南 アサ

新潮社 1998-01
売り上げランキング : 8,276

おすすめ平均 star
starどこかで読んだような気がする
starバスジャックの物語ですが、何故か哀愁を感じた
starタイトル通りの結末

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  乃南アサ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ウンナンタイム | メイン | 『小説家の休日』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/234-34cc7e3f
| メイン |