fc2ブログ
『GOEMON』
- 2011/02/07(Mon) -
『GOEMON』

紀里谷和明監督作品。
Yahoo!のレビューではえらい言われようですね(苦笑)。
どうやら、映画に対する監督の見解に皆さんご不満があるようで・・・。

『CASSHERN』は、どうにも中身が無さそうで観る気がしなかったので、
本作が初・紀里谷作品です。

映像美だけのスカスカ映画かも・・・と思って、
非常に期待値が低い状況で観始めたので、「意外と面白いじゃん」と思えてしまいました。
ストーリーの無さでは、『PROMISE』の方が上だと思います(苦笑)。

安土桃山時代の歴史に名を残した人物が多数登場しますが、
全く新しい人間関係と物語展開です。
私は、この設定は面白いじゃんと思いました。
衣装や建築造形、武器技術など完全に作りものの世界でなら許されるかなと。

演じる俳優陣たちもお見事。
グリーンバックでの撮影だったそうですが、それを感じさせない熱演です。
特に、大沢たかおの釜ゆでシーンは、素晴らしかったです。
そしてゴリの演技が良かった!役者として面白い人材ですね。
ただ、チョイ役が無駄に豪華だったのは、どうかと思いますけど・・・。

この監督さんは、男性を格好良く撮る腕前が凄いです。
でも、女優さんたちは、あまり魅力的に見えなかったです。
広末涼子は、画面の顔の印象がのっぺりしていて、いつもの可愛らしさが無かったです。

最後に、問題の映像美ですが、確かに美しかったと思います。
CGにも衣装にも、独特な美的感覚が楽しめます。

ただ、人間の動きとの相性が、ところどころ良くないように感じました。
五右衛門が走りながら人を斬り倒すシーンとか、
例えば、足の動きからくる体全体の動きと、背景とが合っていません。
人間の動きよりもCGの動きが優先されているような印象です。

なので、アクションシーンは非常にスピーディなのですが、
「この動き凄い!」と感心するものがなくて・・・。
たとえCG作品であっても、アクション部分は人間の動きが軸だと思うんです。
人間の動き関係なしのCG映像なら、アニメと一緒ですから。

セリフも、「平和」とか「幸せ」とか言ってるけど、どこか響きが軽い。
ま、「愛」とか言いださなかっただけマシですが・・・。

というわけで、架空への強い思いは楽しめましたが、
現実の人間世界への無関心が垣間見れる作品でした。


GOEMON [DVD]GOEMON [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2009-10-09
売り上げランキング : 11424

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

CASSHERN [DVD]CASSHERN [DVD]
紀里谷和明

松竹 2004-10-23
売り上げランキング : 14754

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

PROMISE (無極) [DVD]PROMISE (無極) [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2006-08-04
売り上げランキング : 20883

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
この記事のURL |  広末涼子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『人間にとって法とは何か』 | メイン | 『糖尿病アクセス革命』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2326-34fb2ba7
| メイン |