FC2ブログ
『色彩の息子』
- 2006/03/29(Wed) -
山田詠美 『色彩の息子』(新潮文庫)、読了。

短い文章の中で、人間の心が持つ狂気を見せ付けられるようで、
どの作品にも恐怖を感じ取ってしまいました。

「白熱電球の嘘」に出てくる女の子を想像すると、
この作品の顛末を超える黒い可能性を秘めているようで、
とても怖い思いを抱きました。

迫力のある短編集です。

色彩の息子
色彩の息子山田 詠美

新潮社 1994-05
売り上げランキング : 97,020

おすすめ平均 star
star珠玉の短編集
star素敵な本です
star色、とりどり

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  山田詠美 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『昔話にはウラがある』 | メイン | 『珊瑚礁の誘惑』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/231-2008add4
| メイン |