FC2ブログ
『夫婦茶碗』
- 2011/01/17(Mon) -
町田康 『夫婦茶碗』(新潮文庫)、読了。

どんな作家さんかよく知らなかったのですが、
時々、本読みさんのBlogでお名前を見かけるので、挑戦してみました。

2本収録されているのですが、
最初の「夫婦茶碗」で、ぐいぐい世界に引き込まれてしまいました。
「なんなんだ、この、とめどない独り語りは~!?」って感じで。

変に文語体な口調と、でも時々現れる現代の風物とに、
なんだか、今風の落語家さんがアレンジした古典落語のような趣を感じてしまいました。
きっと独り語りという枠組みもあっての印象だと思いますが。

本来は、主人公の空想の世界を楽しむのが王道かと思うのですが、
私は、夫婦2人の間で交わされる、空疎なのか似た者夫婦なのかよくわからない
不思議な会話の世界に引き込まれました。

一方、もう一本の「人間の屑」は、出だしのグダグダさに期待値が上がったのですが、
展開にあまり新鮮味を感じられず中盤がダレたような印象です。

解説は筒井康隆が書いていますが、
私には、町田康の描く世界には生活臭が充満している感じがして、
ちょっと筒井作品とは違うかな・・・と思います。
ま、そのあたりの見極めのためにも、他の作品も読んでみたいですね。


夫婦茶碗 (新潮文庫)夫婦茶碗 (新潮文庫)
町田 康

新潮社 2001-04
売り上げランキング : 11254

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  町田康 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<『個人と組織のナレッジイノベーション』 | メイン | 『新しい人生のはじめかた』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2304-6a00ee77
-「夫婦茶碗」〜毒々しくておちゃめな町田ワールド-
 「STAP細胞」作製に成功した小保方晴子さんが、過熱する報道に自重を求めた。俺も童顔の30歳に胸キュンのアラカンオヤジだが、「研究が進めば若返りにも応用可能」と聞いて暗い気分になった。先日の朝刊各紙に<最富裕層85人の資産総額は下層の35億人分に相当する>... …
2014/02/02 22:43  酔生夢死浪人日記 ▲ top

| メイン |