FC2ブログ
『ボクは猫よ』
- 2006/03/29(Wed) -
曽野綾子 『ボクは猫よ』(文春文庫)、読了。

新聞に掲載されているこの作家のコラムはよく読むのですが、
小説は初めてでした。

いつも新聞コラムを読んで、
その内容に賛同/共感の如何に関わらず、
「世間様から反感買いそうなこともズバッと言ってるなぁ」と
感心していました。
実際、わたしは結構賛同しながら読んでいます。
変な理想論を掲げられるよりも、現実を直視しているなぁと。

本作でも、そのスタンスは貫かれており、
「差別用語」「難民」「平等と競争」「断念」等、
様々なテーマで、痛快なまでに日本を斬っています。

『我輩は猫である』のパロディでしたが、
次回は、この作家のオリジナル作品をじっくりと読んでみたいものです。


ボクは猫よ
ボクは猫よ曽野 綾子

文芸春秋 1985-04
売り上げランキング : 261,486


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

吾輩は猫である (岩波文庫)
吾輩は猫である (岩波文庫)
おすすめ平均
stars我輩は犬である
starsなんなのだこれは!
stars漱石夏目
stars送籍先生
stars現代仮名遣いと新字体で読み易い

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  曽野綾子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『珊瑚礁の誘惑』 | メイン | 『闇の中の子供』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/229-21fd7f73
| メイン |