FC2ブログ
『日本を創った12人』
- 2010/12/31(Fri) -
堺屋太一 『日本を創った12人』(PHP新書)、読了。

この本は読み応えがありました。

現在の日本の形に大きな影響を与えたという12名について
何を行い、今に何を残したのかを論じます。
この視点が面白かったです。

例えば、聖徳太子の神仏習合思想が
今の日本人の宗教観や、先進文化の取り込み方を規定したということに
1400年の時を超えた説得力がありました。

他にも、日本人の精神世界に大きく影響を与えたとして、
光源氏まで登場してきますが、一つの民族が共有している考え方というのは
結局、「仕組み」の一種なんだなと認識しました。

何をどう考えるのかという思考の仕方も、
官僚制度や経済制度といった各種制度も、
日本人がどう行動するのかということを規定しており、
日本人に行動を促す「仕組み」なんだと。

そういう「仕組み」を創った人々こそが
日本を創った人々と言えるんだということで、納得できました。

また、それらを説く堺屋太一の文章が面白い!
ぐいぐい引き込まれていきます。

年末のバタバタの時期に、楽しませていただきました。


日本を創った12人〈前編〉 (PHP新書)日本を創った12人〈前編〉 (PHP新書)
堺屋 太一

PHP研究所 1996-10
売り上げランキング : 149105

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

日本を創った12人 (後編) (PHP新書 (006))日本を創った12人 (後編) (PHP新書 (006))
堺屋 太一

PHP研究所 1997-05
売り上げランキング : 91173

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  堺屋太一 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『イノベーションへの解』 | メイン | 『いつかまた、プレイボール』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2287-293a456c
| メイン |