FC2ブログ
『いつかまた、プレイボール』
- 2010/12/25(Sat) -
山際淳司 『いつかまた、プレイボール』(角川文庫)、読了。

プロ野球にまつわるエッセイを集めた一冊。

Jリーグが出来た当初、
野球はワンプレーごとに動きが止まるからスピード感が無くて面白くないと
我が友人のにわかサッカーファンは評していました。
また、私の父も、野球ほど、監督やコーチが試合中も選手につきっきりで指示を出す
過保護なスポーツって、他に無いよなぁ・・・なんて呟いてました。
(ちなみに父は昔も今もプロ野球好きです)

でも、私は、その間が好きです。
選手も監督も、一つ一つの間に様々なことを考え、その中で最善と思うことを仕掛け、
そして、一方は思惑通りに勝負に勝ち、もう一方は負ける。
一瞬一瞬に、中身の詰まった勝負があるところに面白さを感じます。

そんな野球の一瞬一瞬を追った本作が、面白くないわけ無い!

有名選手から、私が知らない選手まで登場し、
また選手だけではなく、コーチやスカウトまでインタビューしています。
バリエーションもばっちり。

読み応えのある一冊でした。


いつかまた、プレイボール (角川文庫 (6243))いつかまた、プレイボール (角川文庫 (6243))
山際 淳司

角川書店 1985-11
売り上げランキング : 337836

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  山際淳司 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『日本を創った12人』 | メイン | 『ザ・シークレット・サービス』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2286-0fd6020f
| メイン |