FC2ブログ
『かげろう絵図』
- 2006/03/24(Fri) -
松本清張 『かげろう絵図 上・下』(新潮文庫)、読了。

中高で日本史を学んできた感覚からすると、
水野忠邦は悪政を布いた大悪人のような印象だったのですが、
この作品では格好良く描かれていて新鮮でした。
(もっとも天保の改革の評価は、本作でも芳しくはありませんが)

島田新之助のスーパーマン並みの活躍も、
最後、忠邦がおいしいところを掻っ攫っていく感がありますが、
娯楽小説として楽しく読めました。


かげろう絵図〈上〉
かげろう絵図〈上〉松本 清張

文藝春秋 2004-08
売り上げランキング : 99,225


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

かげろう絵図〈下〉
かげろう絵図〈下〉松本 清張

文藝春秋 2004-08
売り上げランキング : 99,224


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ



関連記事
この記事のURL |  松本清張 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『氷点』 | メイン | 『ダーウィンに消された男』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/226-a3cec880
| メイン |