FC2ブログ
『天窓のある家』
- 2010/11/04(Thu) -
篠田節子 『天窓のある家』(新潮文庫)、読了。

非常に怖い作品群です。
自分のすぐ隣にこれらの恐怖が転がっていて、
ほんの些細なきっかけで、自分も同じような目に遭うのではないか、
自分も同じような愚かな行動を取ってしまうのではないかと
気が気ではなくなります。
そういう、ひたひたと迫ってくる恐怖です。

ジャンルは、生活を描いたものから、SFチックなもの、ホラーものと
非常に多彩で飽きることがありません。

「上手いなぁ」と、感嘆する気持ちにどっぷり浸かれる作品群です。

「誕生」の静かに迫ってくる感じが、とても怖かったです。


天窓のある家 (新潮文庫)
天窓のある家 (新潮文庫)篠田 節子

おすすめ平均
starsおもしろい
stars「友と豆腐とベーゼンドルファー」は最悪です
stars男性にぜひお奨めしたい
stars後味が悪いけど・・・
stars女性特有の!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  篠田節子 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<『パイレーツ・ロック』 | メイン | DVDいろいろ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2219-c89e50d7
-天窓のある家*篠田節子-
天窓のある家(2003/09)篠田 節子商品詳細を見る 幸せに見捨てられた女。偽りの幸せにすがる女…。緩慢な日常の流れの中に身をまかせる女たちが、決意する一瞬。誰も、気づかぬうちに、女は心に変調をきたす。... …
2011/01/23 21:15  +++ こんな一冊 +++ ▲ top

| メイン |