FC2ブログ
『ウエンカムイの爪』
- 2010/11/01(Mon) -
熊谷達也 『ウエンカムイの爪』(集英社文庫)、読了。

前回もそうでしたが、本作も夜中までかけて一気読み。
野生動物を相手にしているという緊張感や躍動感で
読み止めることができなくなるんです。

そして、作品自体も面白く読んだのですが、
阿刀田高先生による解説にも、なるほど、なるほど!

私が気になったところ(特にマイナス評価の点)が、見事に挙げられてて、
「あぁ、やっぱり私は、阿刀田先生の感性が好きなんだ」と納得。
女子学生、馬鹿すぎなんですよねぇ・・・。

ちょっと読みにくいなと感じたのは、
本作の軸となるテーマが、最初の段階ではあまり明確に見えてこなかったこと。
「クマ使いの真相」なのか「暴れるクマの退治」なのか「人生のやり直し」なのか。
最後、全てにきれいに結論は用意されているのですが、
メインテーマとサブテーマに区別してもらえていた方が、
何を目指して読んでいけばよいのかが分かって、読みやすかった気がします。

ただ、それでも、ぐいぐい読ませる力があるというのは、凄い作家さんだと思います。


ウエンカムイの爪 (集英社文庫)
ウエンカムイの爪 (集英社文庫)熊谷 達也

おすすめ平均
stars一部厳しすぎるレビューあり!!
stars情景が目に浮かぶ素晴らしい文章
starsデビュー作
stars迫力のある情景描写、心理描写
stars迫力のある情景描写、心理描写

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  熊谷達也 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『おちくぼ姫』 | メイン | 『スペースカウボーイ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2216-822fe27a
| メイン |