FC2ブログ
『はなうた日和』
- 2010/10/25(Mon) -
山本幸久 『はなうた日和』(集英社文庫)、読了。

世田谷線沿線を舞台にした短編集。

最初の数編は、正直、ちょっと軽いかなぁ~と感じました。
すらすら読めるんですけれど、あまり残るものが無い感じ。
テーマへの踏み込みが甘いような印象を受けたんです。

でも、いくつか読み進めていくうちに、
世田谷線沿線という繋がりの中で、それぞれの話に繋がりがあることが見えてきて、
そういう生活空間がイメージできるようになったら、
一気に面白くなってきました。

最後は、「アカコとヒトミ」まで出てくるし。

全体を読みとおして見ると、上手い作品だなぁと感じられました。


はなうた日和 (集英社文庫)
はなうた日和 (集英社文庫)山本 幸久

おすすめ平均
stars短編の魅力を感じる一冊でした
starsございまする
starsありがちでないストーリーのリアルな展開
stars読者に殆どストレスを与えない一冊
stars肩肘張らずに読めます。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

笑う招き猫 (集英社文庫)
笑う招き猫 (集英社文庫)山本 幸久

おすすめ平均
starsなんか癒されます
stars読みやすさはぴかいち
starsもっともっともがくヒトミが見たかった
stars期待しすぎたかしら?
stars内容よりも

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  山本幸久 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『片眼の猿』 | メイン | 『レイチェルの結婚』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2208-497d6061
| メイン |