FC2ブログ
『長い家の殺人』
- 2010/10/12(Tue) -
歌野晶午 『長い家の殺人』(講談社文庫)、読了。

今日も有休をとっていたので、「ゆっくり推理小説でも読みますか・・・」と
本作を選んだのですが、一気読みしてしまう面白さ。
ゆっくりではなく、ガッツリ読書となってしまいました。

トリックは、正直なところ、
昔、たまたま点けたテレビで何かのドラマのトリック解決シーンをやってて、
そこで同じようなトリックをやっていたのを見たことがあります。
なので、真梨子の日記の内容で、トリックは分かってしまいました。

が、物語の構成が結構面白かったので、
トリックがわかってしまっても、然程ガッカリはしませんでした。
むしろ、動機が知りたくて、どんどん読み進めていきました。

ドラマのときは、トリック解明までの前段を見ていなかったこともあって、
「こんな突飛なトリック、有り得なーい」と引いてしまったのですが、
本作では、それほど違和感を感じずに読めてしまいました。

事件現場の環境の特異さと、大学生バンドの合宿という
ちょっと非日常な香りのする設定だったからでしょうか。

これまでに読んだ歌野作品では、一番面白かったです。


新装版 長い家の殺人 (講談社文庫)
新装版 長い家の殺人 (講談社文庫)歌野 晶午

おすすめ平均
stars歌野晶午デビュー作
stars音楽のパズル
stars快調なスタートです。
stars「謎」と「ヒント」のテンポ感がGOODです!
stars新しいタイプのミステリー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  歌野晶午 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『復讐するは我にあり』 | メイン | 『サブウェイ123 激突』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2190-14b9bae9
| メイン |