FC2ブログ
『山の音』
- 2010/10/08(Fri) -
川端康成 『山の音』(新潮文庫)、読了。

川端康成の長編は、どうにも苦手意識があり、
あんまり楽しめた作品がありません。

ちなみに、短編集の『掌の小説』には衝撃を受けました
大傑作だと思います。

で、本作ですが、はじめて、川端長編で面白いと思えました。

還暦を超えた老人・信吾の目を通して、
その日常や家族とのやりとりを淡々と描いていきます。

そして、底辺を流れる死の影や青春時代の懐古などが、
淡々とした描写に暗い色を投げかけてきます。

ぼわぼわと進んでいく物語に、さして大きな山はありません。
息子の愛人と対決するシーンなど、いくらでも盛り上げられる場面はあるのですが、
あえて静かに筆を進める落ち着きに、この作家の力を感じました。

日常の会話の中に、季節の花や催し物の話題を入れてくることで、
暗いテーマに、ほんのりと彩が添えられ、
そのバランス感覚が見事です。

やはり、大作家とされるだけのものはありますね。


山の音 (新潮文庫)
山の音 (新潮文庫)川端 康成

おすすめ平均
stars恐ろしい筆の力
stars川端は異常であるから文学である
starsそれぞれの家にはそれぞれの事情がある
stars作品の随所にエロスの秘宝が配置されている
stars小津映画の様な美しい情景

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

雪国 (新潮文庫 (か-1-1))
雪国 (新潮文庫 (か-1-1))川端 康成

おすすめ平均
stars主人公の目を通じて描かれた二人の女性
stars何でもないことひとつひとつが美しい
stars情景が勝手に浮かび上がる
stars心象風景が広がります
stars崇高なまでの美的感覚

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

掌の小説 (新潮文庫)
掌の小説 (新潮文庫)川端 康成

おすすめ平均
stars川端康成の凄さに圧倒される
stars「火に行く彼女」に尽きる
stars少女の官能的美の珠玉
stars最高の詩集
starsお薦めです!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  川端康成 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『反社会学講座』 | メイン | 『よくわかる医薬品業界』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2182-d5503d42
| メイン |