FC2ブログ
『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』
- 2010/09/20(Mon) -
米原万里 『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』(角川文庫)、読了。

これまで、米原万里という人の背景を、恥ずかしながら何も知りませんでした。
子供時代をプラハで過ごしたというのは何かで読んだ記憶があるのですが、
お父様が共産党幹部でプラハに転勤になられたからなんですね。

そのプラハのソヴィエト学校での同級生との思い出を振り返り、
また、30年後の同級生に会いに行くという趣向の本作。

単なる父親の海外赴任についていった帰国子女というのではなく、
社会主義陣営の国に、しかも共産党幹部の娘としてついていき、
ソヴィエト学校で青春時代を過ごしたというのは、
個人のアイデンティティに、物凄く影響を与える経験だと思います。

特に、アーニャとの関係を綴った章は、興味深かったです。

ルーマニアの高官の娘としてプラハにやってきたアーニャは、
共産主義思想にドップリと使っているような発言を連発し、
同級生の子供たちにからかわれる始末ですが、
家に遊びに行くと、なんとも言えない貴族階級のような暮らしぶり。
なのに、当のアーニャは、ルーマニアの一般人民の暮らしが想像できず、
自分の生活に何の疑問も持っていないという有り様。
子どもたちの交流を通して、社会主義国家の矛盾や異様さが垣間見えます。

アーニャは、その矛盾から目を背けるように、
虚勢を張ったり、嘘をついたりしていたようですが、
一方、リッツァやヤスミンカには、その矛盾がある程度見えており、
子どもながらに、大人の矛盾に上手く付き合うだけの頭の良さを
持っていたようです。

いずれにしても、たくましく生きる子供たちを描いていて、圧巻の作品。
30年の時を経て、再会の旅に向かう著者の姿にも心打たれます。

この30年で社会主義国家が辿った顛末を思うと、
必ずしも幸福な人生を送っていないかもしれないと想像される同級生に
会いに行くのは、相当な決心が必要なことだと思います。

そして、実際に再会してみて、無事を喜び合う一方で、
相手の言動に戸惑うところもあったりして、複雑な胸中だったようです。

その分、過酷な人生を経た人々の強さというものを、
この作品では実感することができました。

大宅壮一ノンフィクション賞受賞もうなずける一冊でした。


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)
嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)米原 万里

おすすめ平均
stars真の友情を遮るものなど何もない。現実の経験とは思えないほどの驚きの場面の連続にページをめくる手が止まらない
stars未読の方へ
starsもう一度読み返したい
stars時代と国境を越えた絆
starsヨーロッパは地続きである、という実感

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  米原万里 | CM(4) | TB(2) | ▲ top
<<らくごカフェに火曜会 | メイン | ダイビング @初島>>
コメント
--
はじめまして。

この本、とても良いですよね!

僕はこの一冊からすっかり米原さんのファンになってしまいました。(でも結局、この作品が一番だったと思うに至ったのですけど・・・(^_^;))
2010/09/24 00:10  | URL | ラメロウ #-[ 編集] |  ▲ top

--
ラメロウさま

CMありがとうございます。
私も、今まで読んだ中で、この作品が一番面白く感じました。
やっぱり、自分の人生を振り返るというずっしりとしたテーマがあるからですかね。
2010/09/24 00:14  | URL | かもめ組 #obYDgEv2[ 編集] |  ▲ top

--
はじめまして。
あの米原さんは単なる帰国子女じゃなかったということが驚きで、コメントさせていただきます。

この本、非常に興味をひかれました。

他にも面白そうな本のレビューがたくさんありそうなので、またお邪魔します。
2010/09/24 21:15  | URL | キヨハラ #/.OuxNPQ[ 編集] |  ▲ top

--
キヨハラさま

CMありがとうございます。
私も、この本を読むまで、米原さんのバックボーンを知らなかったので、
「読んでビックリ」な状態でした。
また、比較文化論的にも面白い作品でした。

またのお越しをお待ちしてます~。
2010/09/24 23:12  | URL | かもめ組 #obYDgEv2[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2155-17f6b4ff
-顛末書 書式、書き方-
顛末書 書式、書き方についての情報です。 …
2010/11/02 15:43  仕事・ビジネス情報 ▲ top

-嘘つきアーニャの真っ赤な真実(米原 万里)-
ロシア語通訳でありエッセイストでもある米原万里さんが、 チェコの「プラハ・ソビエト学校」時代の 同級生の消息を尋ねる旅。 「平和と社会主義の諸問題」の事務局という 特殊な環境のなかでの仕事をする親と、 国際情勢の変化の中で、家族も影響を受けていく。 リッツアはギリシャの亡命者の娘。 ギリシャに憧れ、「目がつぶれるような青空」を求めていたのに、 ドイツで医師となっていた。 ... …
2015/01/08 07:33  たくのみ雑記帳 ▲ top

| メイン |