FC2ブログ
『波のうえの魔術師』
- 2010/08/20(Fri) -
石田衣良 『波のうえの魔術師』(文春文庫)、読了。

うーん、イマイチ乗り切れないまま終わってしまいました。

金融システムをテーマに据えたクライムサスペンスって、
日常性、機能性、普遍性の裏をかくような面白さがあり、
基本的には楽しめるはずなのですが、どうも、これはのめり込めませんでした。

一つは、登場人物の設定と物語の展開に、
どうも信憑性がないというか、納得性がないというか、胡散臭いというか・・・。

例えば・・・非常に卑小な発言をさせていただきますと、
「東京にある偏差値55の私立大学生、就職浪人で5年生、パチスロで食いつなぐ」
こんな若者がちょっと老人の手ほどきを受けただけで株式市場に興味を持つというクダリに、
納得性が感じられないんです。

たとえ学歴が目立ったものでなくても、何か特徴的な個性があれば、
魔術師の弟子になることも腑に落ちやすいのですが、
どうにも捉えどころのない現代の若者が、
何故、株式市場に興味をもったのかが、つかみにくかったです。

というわけで、出だしで作品に距離を置いてしまったので、
何とも入り込みにくくなってしまいました。

この例に代表されるように、
どうも物語の展開が、都合よく組まれ過ぎている感があり。
前触れだとか、因果をきちんと見せてくれると、納得度が上がったのですが。

また、彼らが仕掛けたディールの描き方も、
どこか淡々としていて、カタルシスがあまり得られなかったのも残念。

『希望の国のエクソダス』が非常に面白かったので、
しばらく、経済犯的な作品は、物足りなさを感じてしまうかもしれません。


波のうえの魔術師 (文春文庫)
波のうえの魔術師 (文春文庫)石田 衣良

おすすめ平均
stars著者の筆力ならではの作品だと思います。
stars読みやすい
stars株式チャートの波
stars永遠の課題が提出されていると思います
stars面白い!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

希望の国のエクソダス (文春文庫)
希望の国のエクソダス (文春文庫)村上 龍

おすすめ平均
starsポップな近未来小説
stars13歳のハローワークまでの道のり
stars預言書
stars真面目だった村上龍
starsバカな大人が中学生を焚きつけるために書いた空疎な本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  石田衣良 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<『サバイバル・フィールド』 | メイン | 『対話篇』>>
コメント
--
はじめまして
足跡っていう機能?から来ました

僕は金融に興味が無かったのでこの本でとっつきやすくなったのですが、川端裕人の金融モノのほうがよかったですね。

ただ、どちらも、金満老人の水揚げかよ!みたいな
スタートが良くなかったと思いました

2010/08/22 01:57  | URL | 16saitama #-[ 編集] |  ▲ top

--
16saitamaさま

CMありがとうございました。

日本で本当に起きた経済事象等を上手く組み込んでいて、
設定は面白かったと思います。
ただ、そこへの主人公の絡ませ方が、
自分好みではなかったのだと思います。残念ですが。

川端裕人さんの作品は読んだことがないのですが、
機会があったら挑戦してみますね。
2010/08/22 11:06  | URL | かもめ組 #obYDgEv2[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2121-3a911704
| メイン |