FC2ブログ
『対話篇』
- 2010/08/19(Thu) -
金城一紀 『対話篇』(新潮文庫)、読了。

何も考えずに気楽な気持ちで読み始めたら、
一気に引き込まれていました。

これは面白かった!

不思議な縁に縛られた青年、
末期ガンに冒された青年、
頭の中の血管に爆弾を抱える青年。

どの話も、ある種、特殊な状況下に置かれた人々が主人公で、
ややもすると「狙い過ぎだろ」「キワモノ過ぎるよ」という感想に陥りがちですが、
本作では、見事に、一人の人間の内面の葛藤に落とし込んでいて、
読み応えがありました。


対話篇 (新潮文庫)
対話篇 (新潮文庫)金城 一紀

おすすめ平均
stars対話の中から見つかる自我
starsしっとりとした物語
stars目を見開き続けること
stars置きにいく小説
stars二十歳の頃に読んでいたら

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  金城一紀 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『波のうえの魔術師』 | メイン | 『毒舌 身の上相談』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2120-a3afad2f
| メイン |