FC2ブログ
『蟹工船・党生活者』
- 2010/07/15(Thu) -
小林多喜二 『蟹工船・党生活者』(新潮文庫)、読了。

いっときのブームも落ち着いたようですので、読んでみました。

「プロレタリア文学」と言われてもピンとこないのが正直なところ。
1920年代頃が舞台なのでしょうか?
労働者の側からの世界をたどっても、時代すら上手く把握できませんでした。
やはり、残る歴史、教えられる歴史というものは、支配者の側のものなんですね。

蟹工船という劣悪な労働環境下で、
労働者たちがどのような日々を送っていたのか、送らされていたのかという
描写は迫力がありました。

しかし、小説として、物語の面白さをとると、イマイチかなぁ・・・。
起承転結のバランスがあまりよろしくないような印象です。

あと、文章がちょっと読みづらかったです。
言葉が難しいとかいうのではなく、1行1行の文章のつながりが
スムーズじゃないというか・・・技術的な問題のところです。

物語としても、文書としても、『党生活者』のほうが引き込まれる感じがしました。

ファッションとしてのブームだった側面も大いにあるのでしょうけれど、
それでも、半年で40万人の人が、このプロレタリア文学に触れたという日本は、
すごいパワーをもった国民性なのかもしれません。


蟹工船・党生活者 (新潮文庫)
蟹工船・党生活者 (新潮文庫)小林 多喜二

おすすめ平均
stars筆に力あり
starsフィクションです
stars不当な搾取に立ちあがる労働者たち
starsそんなに共感できなかった・・・。
starsとくに『党生活者』が秀逸。非合法下の共産党員の生活に思いをはせてみれば、彼らは格好いい。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL | | CM(8) | TB(2) | ▲ top
<<『ニッポン合衆国』 | メイン | 『ブレックファスト・クラブ』>>
コメント
--
こんばんは。
小林多喜二の母の目線で描かれた作品があるんですよ。三浦綾子の【母】という作品ですが、これはこれで方言が使われ読みづらいのですが(笑)物語小説としては引き込まれるものがありました。
それにしてもこの時代の支配者は容赦ないですよね^^;
2010/07/15 21:33  | URL | すもも #SIR.BgG2[ 編集] |  ▲ top

--
すもも様

CM&TBありがとうございます。
三浦綾子作品なら、小説としても面白そうですね。
北海道の方言で語られているのでしょうか?
方言モノ好きとしても、気になるところです。
2010/07/15 21:39  | URL | かもめ組 #obYDgEv2[ 編集] |  ▲ top

-面白そうですね~。-
昔、社会か国語の教科書に出てたような憶えが。
ホントにブームが過ぎ去った感はありますよね。図書館行っても貸出中ですと何度も言われましたe-263
ちょっと興味があるので近々読んでみようと思います。(何故か古典回帰がマイブーム)☆
2010/07/15 23:31  | URL | 惺 #-[ 編集] |  ▲ top

--
惺さま

こんばんわ~。CMありがとうございます。
ブームは終息してしまった感がありますが、
でも、新聞の対談で取り上げられたことがきっかけで
あれだけのブームになったということ自体、凄いことですよね。

古典回帰ですか~。
私は、よく夏休みに、なんとかフェアにつられて
古典回帰してしまいます(苦笑)。
2010/07/15 23:46  | URL | かもめ組 #obYDgEv2[ 編集] |  ▲ top

-難しかったです。-
ちょうどあたしの場合はそれこそピーク(?)のときに読みまして・・・元々「マンガ蟹工船」からスタートしたのですが(^^;)、キッカケはなんであれ読むキッカケが出来てよかったと思う1冊でした。

でも難しかったですね(^^;)
TB送信しました(ただし別ブログというか本宅)
ちゃんとたどりつきますか心配。
2010/07/16 10:43  | URL | igaiga #6.AaZ5Pk[ 編集] |  ▲ top

--
igaigaさま

CM&TBありがとうございます。ちゃんとTBも届きました~。

記事をアップした1日で、これだけのTB&CMを
皆さんから頂けるなんて、やっぱり作品の持つ力んなんですかね~?

ちょっとした切っ掛けを、
自分に関係あることとしてきちんと受け止めるのは、
やっぱ、日本人のアンテナ力なのかなぁと思います。
難しいけど、とりあえず読んでみようと読者に思わせる力があるというのが、
この作品の魅力なんだと思います。

2010/07/16 23:35  | URL | かもめ組 #obYDgEv2[ 編集] |  ▲ top

-またまた失礼します!-
読んでみました~。
く、暗かったです~。が、思っていたよりも面白く読めたような気がします。
かもめ組サンのレビューを拝見しなければ、絶対この本読むことなかったと思います。自分的に読んで損は無かった…ですね☆
ありがとうございましたe-466
ちょこっとリンクさせていただいてます。事後報告でスミマセン!
2010/07/22 21:27  | URL | 惺 #-[ 編集] |  ▲ top

--
惺さま

またまたCMありがとうございます。
早速読まれたんですね~。行動が早くて素敵です!
わたくしの拙いエントリが、ちょこっとでも切っ掛けになったみたいで、
そう言っていただけると、嬉しいやら恥ずかしいやら。
またのお越しをお待ちしております~。
2010/07/23 00:20  | URL | かもめ組 #obYDgEv2[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2069-11d37ab1
-蟹工船 / 小林多喜二-
蟹工船・党生活者 (新潮文庫)著者:小林 多喜二販売元:新潮社発売日:1954-06おすすめ度:クチコミを見る過酷な労働環境を描いた、プロレタリア文学代表作プロレタリア文学なんて言われると手に取りにくくなってしまうんですがね・・。前回読んだ三浦綾子の【母】で、【 …
2010/07/15 21:27  いつも読書人  ▲ top

-「蟹工船・党生活者」 BY小林多喜二 ?-
やっと本屋さんで見つけることができました。「蟹工船」 いやぁー。本屋に行くたびに探してたのですよー。 2つの物語(物語か??)が入ってます。 &nbsp; <蟹工船> 前に、マンガ蟹工船を読んだのですがその時に、マンガ版の解説を していただきました島村教... …
2010/07/16 10:40  ◇◆ igaigaのブログ ◆◇ ▲ top

| メイン |