FC2ブログ
『わが上司 後藤田正晴』
- 2010/07/12(Mon) -
佐々淳行 『わが上司 後藤田正晴』(文春文庫)、読了。

久々に佐々さんの本を。

この人の人生は、なにを読んでも、
「激動の昭和をまさにその渦中で生きた人だなぁ」と感じます。

そして、本作は、そんな佐々さんの危機管理人生に
上司として、師として、近くから遠くからずーっと関わることになる
後藤田正晴さんとの関係を描いた一冊です。

ただ、要注意は、主人公は後藤田さんではなく、あくまで佐々さん。
佐々作品を読んだことある人なら分かると思いますが、
自分のエピソードを華々しく描ききることにかけては、
右に出る者がいない著者ですから(苦笑)。

というわけで、後藤田さんの名前は随所に登場しますが、
「後藤田さんの教え」というものがバリエーション豊かに紹介されるというよりは、
後藤田五訓を守った自分のエピソードが繰り返される感じです。

できれば、後藤田さんだけではなく、
竹下登、小渕恵三、橋本龍太郎というような、歴代首相とのエピソードも
もっと読みたかったぁというのが本音。

ま、でも、官邸での本当のエリート同士のやりとりなどは
興味深く読みました。

特に、昭和天皇崩御に備えて、陰でシミュレーションをするくだり。
危機管理は、その場その場の判断力がモノをい言うイメージがありますが、
それは、周到なシミュレーションと準備があってこその適切な判断なのでしょうね。

いかに、事前にリスクを察知して、準備をしておくか。
その大切さが良くわかりました。

だからこその、業務の壁を乗り越えてくる傍若無人な佐々淳行という
スーパーマンが生まれたの絵しょうね。

面白い作品でした。



わが上司 後藤田正晴―決断するペシミスト (文春文庫)
わが上司 後藤田正晴―決断するペシミスト (文春文庫)佐々 淳行

おすすめ平均
stars主人公は後藤田正晴ではなく、佐々淳行。
starsこのタイトルは違うのでは。
stars内閣安全保障室長、佐々淳行
stars奇才・後藤田正晴の素顔に迫る
stars護民とは?未曾有の大事件に毅然と臨む上司・部下。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  佐々淳行 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<『他人と深く関わらずに生きるには』 | メイン | S革&Q>>
コメント
-五訓-
こんにちは(^^)
うちの社長が後藤田正晴さんのの五訓を先日あたしにパソコンで打たせ、パウチフィルムで加工させてました。
それまで「五訓」って知らなかったのですが勉強になりました(^^)
あたしも五訓の内容を初めて知った次第です(^^*)
2010/07/13 08:44  | URL | igaiga #6.AaZ5Pk[ 編集] |  ▲ top

--
igaigaさま

こんにちは~。
CMありがとうございます。

後藤田五訓を尊ぶ社長様なんて素敵ですね!
しかもパウチ加工まで(笑)。

これが実行できるようになれば、完璧な組織人になれるのになぁ。
なかなか、それが大変なんですよねー。
2010/07/13 21:38  | URL | かもめ組 #obYDgEv2[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2065-d0a0b70d
| メイン |