FC2ブログ
『時雨のあと』
- 2010/07/08(Thu) -
藤沢周平 『時雨のあと』(新潮文庫)、読了。

Amazonでは評価が高いようなのですが、
私は、どうにも乗り切れないまま終わってしまいました。
久々に残業続きで、ちょっとテンパっちゃってる気持ちの問題かもしれませんが。

会話における言葉使いが気になっちゃうんですよねー。
地方の小さな藩を舞台にしているなら、土地の言葉をしゃべらないの?とか、
江戸の話でも、下級武士や庶民の世界での会話なら、
もうちょっとくだけた感じなんじゃないの?とか。
みんな、ちょっとお上品すぎるように感じてしまいました。

ストーリーのほうも、「え?これで終わり?」というようなところがあり、
ま、庶民のちょっとした日常を描いているのだと言われてしまえば
それまでなのですが・・・・・。
「鱗雲」は、ちょっと捻ってあって面白かったです。

どうやら、私には、長編のほうが合うみたいです。


時雨のあと (新潮文庫)
時雨のあと (新潮文庫)藤沢 周平

おすすめ平均
starsまさにプロの仕事
starsこれもいいなあ
stars人の優しさに触れたいとき、どうぞ。
starsいやぁー いいなー 絶品!
stars「雪明り」も入っています

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  藤沢周平 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<打ち切り! | メイン | 『だれかのいとしいひと』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2059-ecffc1d9
| メイン |