FC2ブログ
『笑う招き猫』
- 2010/06/10(Thu) -
山本幸久 『笑う招き猫』(集英社文庫)、読了。

これは、読んだタイミングが悪かったです。

シャララの舞台の後に読んではいけなかった・・・・。

主人公は、駆け出しの女性漫才コンビ「アカコとヒトミ」。
彼女たちの、お笑いライブに向けてネタを作る毎日を描いた作品。
そこに、他の芸人や、昔からの友人、家族、マネージャー等が絡んできて、
青春小説となっているのですが、
「何事も上手く行き過ぎで、甘あまじゃない!」って思っちゃいました。

ネタを作り続けることの大変さとか、芸人という職業への憧れと葛藤とか、
コンビという特殊な職場の人間関係における悩みとか、
「こんなにあっさり乗り越えていけるもんじゃなーい!」と
叫びたくなってしまいました。

真剣に悩み、苦しみ、葛藤してこその青春だろうに!

シャララで濃すぎるほどの青春を見せつけられたので、
余計にそう感じてしまったのだと思います。

あと、芸人さんが主人公の小説は、本作に限らず、
思いが強すぎて、フラットな気持ちで楽しめないのかもしれません(苦笑)。
それはそれで、残念なことです。


笑う招き猫 (集英社文庫)
笑う招き猫 (集英社文庫)
おすすめ平均
starsなんか癒されます
stars読みやすさはぴかいち
starsもっともっともがくヒトミが見たかった
stars期待しすぎたかしら?
stars内容よりも

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  山本幸久 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<S革 | メイン | RT&モネア>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2011-5f46e815
| メイン |