FC2ブログ
『不実な美女か貞淑な醜女か』
- 2010/06/08(Tue) -
米原万里 『不実な美女か貞淑な醜女か』(新潮文庫)、読了。

タイトルから、これまた爆笑の連続のエッセイかな?と思いきや、
思ってた以上に硬派な内容でした。
エッセイと通訳論の合いの子のような作品です。

「伝えるとはどういうことなのか?」という非常にシンプルなことを、
理念的としても、アプローチとしても、突き詰めたものになっています。

そして、ところどころに、爆笑エピソードも。

本作では、通訳協会のシンポジウムで上演されたという
通訳にまつわる寸劇が、カリカチュアライズされていて面白かったです。


不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か (新潮文庫)
不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か (新潮文庫)
おすすめ平均
starsすぐれた通訳論
stars通訳者の文章とはこういうものか
stars通訳者も魔法使いではないのだな
stars通訳を目指している人は必読!そして通訳と関係ない人にも
stars「古典的な詩と物語」の復権を

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  米原万里 | CM(0) | TB(2) | ▲ top
<<RT&モネア | メイン | 一橋フォーラム21>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2009-f95bd758
-不実な美女か貞淑な醜女か-
ここでの美女と醜女は、同時通訳者の比喩でした。 母国語って、大切なのね・・・としみじみ。 外国語を学ぶのは大切ですが、母国語がおろそかでは、確かに中途半端ですよね、いやはや。 にほんブログ村 ... …
2011/01/11 22:49  カオスな読書日記 ▲ top

-不実な美女か貞淑な醜女か/米原 万里-
「BOOK」データベースより 沈黙は許されない同時通訳のスリルとサスペンスの日々 …
2016/08/23 23:16  本読み日記 ▲ top

| メイン |