FC2ブログ
『プラスティック』
- 2010/05/21(Fri) -
井上夢人 『プラスティック』(講談社文庫)、読了。

Amazonでの評価は高いようですが、
私にはちょっと合いませんでした。

「真相を知りたい!」という思いにはさせてくれるのですが、
用意されている物語の枠組みが受け入れにくく、
距離を置きながらの読書となってしまいました。

1枚のフロッピーディスクには、事件の関係者たちが作成した文書が収められており、
順を追って読んでいくことで、コトの真相に辿り着くことができる・・・・・
なぜにみんなしてFDに文書を描きためていくんだ???
その必然性って何???

出張に出た夫の帰りを待つ主婦が、
ワープロの練習にと日記をつけ始めるところから物語は始まります。
しかし、その日記の文章があまりに冗長で。
こんなにのんべんだらりとした日記はないだろう・・・って思ってしまいました。
だったら、無理に日記の体裁にせずに、登場人物たちの独白のシーンを
繋いでいくような構成で良かったんじゃないの?

コトの真相のほうも、途中で読めてしまったこともあり、
一生懸命読み進めた割には、「面白かった!」という感想が残らない作品でした。


プラスティック (講談社文庫)
プラスティック (講談社文庫)田中 博

おすすめ平均
starsミステリーという枠を外し、現代小説としても最高峰。
stars読みやすいということは素晴らしいこと
stars可塑的な存在の私たち。その恐ろしさ。
starsいざ混乱の中へ
stars衝撃の結末!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  井上夢人 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<『幼な子われらに生まれ』 | メイン | 一橋大学開放講座>>
コメント
-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/05/21 22:58  | | #[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1975-2b762a0f
| メイン |