FC2ブログ
『GO』
- 2010/05/14(Fri) -
金城一紀 『GO』(講談社文庫)、読了。

在日朝鮮人/在日韓国人が主人公の青春小説。

重いテーマなのですが、あっけらかんとした口調で主人公が語るので、
肩ひじ張らずに読むことができました。

主人公の家庭は、父親の事業が右肩下がりとは言え裕福で、
友人の加藤はヤクザの父親を持つボンボン、
彼女の桜井も父親が東大出の高給取り・・・というように、
出てくる人物たちが、あんまり悲壮な環境を背負っていない、
というより、経済的には平均以上の水準で生活しています。

だから、『パッチギ!』なんかで観たような
在日問題とは、また違った印象を受けました。

でも、この世界も、在日問題の一側面なんでしょうね。
優秀な学生である正一でさえ、人生の選択肢が非常に限られているという状況が。

主人公の杉原が、人類学や生物学のトピックスを使って描写する
民族という問題のとらえ方が、興味深かったです。

最後、思いのほか希望を持たせた展開になり、
読後感は爽やかですが、ちょっと物足りない感じもあるかも。
ただ、主人公たちの生活水準の高さからすると、
こういう平和的なエンディングのほうが似合ってるのかもしれませんね。


GO (講談社文庫)
GO (講談社文庫)
おすすめ平均
stars青臭さ
stars『いつか俺が国境線をなくしてやる』
starsつよくやさしく生きるには。。。
starsGO
stars最低

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

パッチギ! (特別価格版) [DVD]
パッチギ! (特別価格版) [DVD]井筒和幸

おすすめ平均
stars人それぞれ
stars大阪のホープ 坂口拓
starsこういうテーマは難しい・・・
stars表現する勇気
stars沢尻エリカの可愛さが光る、心熱き日本映画の傑作!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  金城一紀 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<家族旅行 in 長野 | メイン | 『女子大生会計士の事件簿 DX.4』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1968-f3f47060
| メイン |