『張込み』
- 2010/04/07(Wed) -
松本清張 『張込み』(新潮文庫)、読了。

表題作「張込み」は、ドラマ化されたと知っていたので期待していたのですが、
サスペンスというよりも人間ドラマでした。
なので、推理らしい推理もなく、ちょっと拍子抜け。

その分、「声」は、主人公が途中で被害者になったり、
念を入れたトリックが仕掛けられたりしていて、面白かったです。

作品によっては、
「殺人を犯した人間が世間に顔をさらす役者を目指しちゃいかんだろう」とか
「4歳の子をデパートに置き去りにして処分を図るのはリスキーだろう」とか
突っ込みたくなる部分もあったのですが、
暇つぶしに読むにはちょうどいいぐらいの短編集でした。


張込み (新潮文庫―傑作短篇集)
張込み (新潮文庫―傑作短篇集)
おすすめ平均
starsそれぞれが独立したユニークな作品群。著者の才能がほとばしる短編傑作選。
stars短編集ですが読み応え充分
stars傑作推理短篇
stars清張の芸の旨味を感じる初期短編集
stars清張の芸の旨味を堪能することができる八つの短編

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  松本清張 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<『枕草子・徒然草』 | メイン | らくごカフェに火曜会>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1909-b77cac2c
-『張込み 傑作短編集〔五〕』 松本清張-
「松本清張」の短篇集『張込み 傑作短編集〔五〕』を読みました。 [張込み 傑作短編集〔五〕] 『聞かなかった場所』、『或る「小倉日記」伝 傑作短編集〔一〕』に続き「松本清張」作品ですね。 -----story------------- 推理小説の第1集。 殺人犯を張込み中の刑事の眼に映った平凡な主婦の秘められた過去と、刑事の主婦に対する思いやりを描いて、著者の推理小説の出発点と目される『... …
2017/05/01 20:05  じゅうのblog ▲ top

| メイン |