fc2ブログ
『ザ・ファン』
- 2010/04/05(Mon) -
『ザ・ファン』

怖いよ~。
デ・ニーロさん、怖いよ~。

熱狂的なファンが、
その熱意を主力選手に踏みにじられたと思い込み、
暴挙に走るというサスペンス。

まだ暴走せずに、一ファンの中にいた序盤でも、
汚く野次るわ、息子の前で観客同士で喧嘩するわ、
息子の足を踏んづけてまでファールボールを奪い合うわで、
ファンの風上にも置けないようなダメ親父。

それが、成績不振で解雇されたり、
離婚した妻から息子への接近禁止を言い渡されたりと、
踏んだり蹴ったりの状態で、自暴自棄に。

もうねぇ、人間の負のエネルギーというのが、どれだけ鬱屈していて、
爆発したらどんなに恐ろしいものなのかを見せつけられました。

それを名優デ・ニーロさんが、じとーっと演じたら、怖さ100倍。

あんまり気持のよい映画ではないのですが、
メジャーの裏側も垣間見れて、面白かったです。

ところで、ナイターのシーンがかなり暗く感じました。
サスペンスとしての演出かもしれませんが、
そこはあえて、明る過ぎるほどのライトを浴びせたほうが、
明暗のギャップができて、暗部が強調できたのではないでしょうかね?
あの暗さは、ちょっとリアリティがないです。


ザ・ファン [DVD]
ザ・ファン [DVD]
おすすめ平均
starsこれはちょっと・・・
stars泣ける?
stars未だに再販されないですね
stars野球好きならなんとか……
starsデニーロは大好きなんですが・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
この記事のURL |  ロバート・デ・ニーロ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<らくごカフェに火曜会 | メイン | 『黄色い牙』>>
コメント
-追悼・・・トニースコット監督-
 トニー監督・・・死ぬことないのにな~
悩んでたんだろうか~

 昔 この「ザ・ファン」をみました。
>汚く野次るわ、息子の前で観客同士で喧嘩するわ、
息子の足を踏んづけてまでファールボールを奪い合うわで、
ファンの風上にも置けないようなダメ親父。
デニーロ演じたレナードは やってることが常軌を逸してる・・・・

スナイプス演じた スラッガー、ボビーのファンで 彼が成績不振なのも同じチームにいる デルトロ演じたライバルスラッガー、プリモ。

彼が快進撃のときは なかなかいい演出で BGMでジプシーキングスの「ベン・ベン・マリア」が流れてたのはグッドv-218  リンク先↓
  
http://www.youtube.com/watch?v=TbfX6AjuEQo
 チームが沸き立つその中で一人おもしろくないのが ボビー

 プリモがジャマでボビーが力を発揮できないと思い込んだギルはプリモを殺害・・・明らかに 人としてやってはならんでしょv-12

>もうねぇ、人間の負のエネルギーというのが、どれだけ鬱屈していて、
爆発したらどんなに恐ろしいものなのかを見せつけられました。

それを名優デ・ニーロさんが、じとーっと演じたら、怖さ100倍。
 「ケープフィア」もかなりイカレた役でした。もしくは「ヒート」のようなスゴ腕の強盗犯のリーダー なども人間の負のエネルギーを出してた役だったし。

 リアリティが 感じられなかったのですか?そうですか 残念ですね。が、この手の犯罪者は 後を絶たないでしょうね。
2013/01/20 09:36  | URL | zebra #ngCqAwRo[ 編集] |  ▲ top

--
zebra様

CMありがとうございます。

人生の最期を、あんな風に締めくくるなんて・・・と驚きました。
合掌。

『ケープ・フィア』も見ましたが、デ・ニーロが演じると、
人間の負のエネルギーの「見える化」に驚かされます。
ここまで鬱屈したものを持ち続け、さらには発散させられるのかという、
その耐性と持続力に、空恐ろしい気持ちになります。
素晴らしい役者さんですよね。

あと、リアリティの件は、球場の照明についてを指してます。
日本でもアメリカでもナイターを見に行きましたが、
ナイターの醍醐味の1つは、星空の下で煌々と火を焚き、
スポーツを楽しむというところにあると思います。
演出だとは分かってはいますが、
あのマウンドとバッターボックスに寄った時の暗い照明は、
あんまり好きではありませんでした。
2013/01/20 10:52  | URL | かもめ組 #obYDgEv2[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1907-1e8ebf8b
| メイン |