FC2ブログ
『姥捨てバス』
- 2010/03/22(Mon) -
原宏一 『姥捨てバス』(角川文庫)、読了。

老人問題をシニカルに扱った本作は、
「姥捨て」という激烈な表現と、それを笑い飛ばす元気なおばあちゃんたち、
でも、その心の底には不安を抱えていて・・・・という
虚構の中にリアリティを感じさせるものがありました。

それに加えて、旅行業界の免許制度を暴いてみたり、
副次的な要素も面白かったです。

主人公がウジウジ系だったので、
イマイチ乗り切れないところがありましたが、
相棒は旅行業界どっぷりのイケイケ君で、
そのバイタリティあふれる行動は、面白かったです。

思いのほか、真面目に語る件もあったりして、
予想よりも重い印象のお話でした。
特に、最後がね。

ちょっと、しんみりしちゃいました。


姥捨てバス (角川文庫)
姥捨てバス (角川文庫)
角川グループパブリッシング 2008-04-25
売り上げランキング : 260304

おすすめ平均 star
star新ビジネス考としても、老人福祉・家族問題考としても面白い
star救いがない結末

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  原宏一 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『スラムドッグ$ミリオネア』 | メイン | 『球形の季節』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1882-001c0ccf
| メイン |