FC2ブログ
『占星術殺人事件』
- 2010/03/21(Sun) -
島田荘司 『占星術殺人事件』(講談社文庫)、読了。

「新本格」のエポックメイキングとされる本作に挑戦してみました。

6人姉妹を切り刻んで、それぞれから取った肉体の一部をつなぎ合わせて
完成された美の人形を作るという狂気の発想からスタートするような
異様な事件の物語は、「リアリティがない」として、
普段ならあまり興味を持たないのですが、
この作品は、最後まで気になって読んでしまいました。

あまりに狂気をはらんだ設定なので、
ちょっと距離を置きながらの読書だったのですが、
最後に与えられたヒントでトリックは思いつくことができました。

なので、後半は謎解きというよりも答え合わせとして読み進めたのですが、
犯人も予想通りで、満足感を得るとともに、ちょっとあっけない感じも。

新本格の作品は、謎解きが種になるので、
どうしても動機の面の作り込みが弱いと感じてしまうのですが、
本作も、その感は否めず。

まぁ、でも、この本を一冊読めば、
新本格というジャンルがどういうものかを理解することができるので、
やはり代表的な良作なんだと思います。


占星術殺人事件 (講談社文庫)
占星術殺人事件 (講談社文庫)
おすすめ平均
stars御手洗の反骨精神がすごい
stars最初で最後の名誉
stars時代を感ずる
stars遅ればせながら、、、
starsトリックは世界レベルの作品

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  島田荘司 | CM(0) | TB(2) | ▲ top
<<ダイビング @江ノ浦 | メイン | RT&モネア>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1879-f5505399
-『占星術殺人事件』 島田荘司-
占星術殺人事件 (講談社文庫)(1987/07/08)島田 荘司商品詳細を見る 有名作品なのでミステリ好きは誰でも知っていそうな小説ですが、知らない人の... …
2010/04/08 22:16  日々これ読書 ▲ top

-「占星術殺人事件」島田荘司-
怪事件は、ひとりの画家の遺書から始まった。その内容は、6人の処女から肉体各部をとり、星座に合わせて新しい人体を合成する、というもの。画家は密室で殺された。そして1カ月後には、6人の若い女性が行方不明のあげくバラバラ死体となって&amp;hellip;。奇想天外の構想、トリックで名探偵御手洗潔をデビューさせた、衝撃的傑作。 島田荘司のデビュー作。金田一でメイントリック使われているので... …
2018/05/08 21:12  scribble ▲ top

| メイン |