FC2ブログ
『RIKO』
- 2010/02/28(Sun) -
柴田よしき 『RIKO』(角川文庫)、読了。

最後まで一気読み。
次にどんな展開が来るのだろうと気になって仕方がありませんでした。

ただ、全編を通して感じるのは不快感。
事件自体が「男性が被害者のレイプ」を扱っているためだけではなく、
主人公リコのプライベートを取り巻く環境が、とにかくどす黒い。

リコ自身の性に関する感覚が、ちょっと異端な方向に振れているだけでなく、
警察組織内でくっついたり離れたりしずぎだろー、というぐらい乱れてます(苦笑)。
しかも、失恋だ不倫だにとどまらず、レイプまがいの出来事まで起こってるし。

各登場人物のバックボーンとなる過去の経緯が、
あまりにもグロすぎます。

それでも、次を知りたくなるように作品を構成したのは、
この作家さんの力量なんでしょうね。

久々の柴田作品でしたが、幅広いジャンルを扱う作家さんだと感嘆。


RIKO―女神(ヴィーナス)の永遠 (角川文庫)
RIKO―女神(ヴィーナス)の永遠 (角川文庫)
おすすめ平均
stars好き嫌いが分かれる作品
stars確かに今までに無いキャラクターではあるが
stars考えさせられました
stars一気に読めた・・・けど
starsいいね! 緑子

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  柴田よしき | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『バーン・アフター・リーディング』 | メイン | 『レッドクリフ PartⅠ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1853-dc372c58
| メイン |