FC2ブログ
『歴史を彩った悪女、才女、賢女』
- 2010/02/28(Sun) -
安西篤子 『歴史を彩った悪女、才女、賢女』(講談社文庫)、読了。

26人の女性が登場するのですが、
「物足りない」というのが正直な感想です。

ラインナップとしては、非常に王道な26人で、
聞いたことがないというような人物は一人もいません、

そのため、すでに歴史小説として詳しく読んでしまっているものもあり、
その内容の厚さと、どうしても比べてしまいます。
結果、「この女性の人生をこんなにあっさりと描くなんて・・・」となってしまいます。

これだけの人数を集めることで、一人当たりに割けるページ数が減ってしまうのなら、
歴史に埋もれてしまっていた掘り出し物の女性を並べてほしかったですね。


歴史を彩った悪女、才女、賢女
歴史を彩った悪女、才女、賢女
講談社 1985-06
売り上げランキング : 1712858


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

額田女王 (新潮文庫)
額田女王 (新潮文庫)
おすすめ平均
stars同時代に生きている気がしてくる。
stars自由に生きようとするほど何かにとらわれていく
stars白村江の戦とはなるほどこういうものだったのか
stars

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

和宮様御留 (講談社文庫)
和宮様御留 (講談社文庫)篠田 一士

おすすめ平均
stars非常に後味が悪い小説。
stars作者に脱帽。
stars衝撃の1冊
starsリアリズムを超えたリアリズム
stars「歴史」は時には残酷なもの・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『レッドクリフ PartⅠ』 | メイン | Q&RT>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1851-509bd8be
| メイン |