FC2ブログ
『ワールド・オブ・ライズ』
- 2010/02/26(Fri) -
『ワールド・オブ・ライズ』

非常に緊張感のある作品で、面白かったです。

CIAの対テロ活動がどんなものなのか、
現場で活動するスタッフと、米国本土で指揮をとるスタッフの関係性、
情報網がどこまで張り巡らされているのか、
そして、そのテクノロジーにイスラム原理主義者がどう対応しているのか、
興味深いシーンの連続でした。

特に、米国本土にいるラッセル・クロウが
娘を学校に送り迎えしながら矢継ぎ早に指示を出していく様子は、
そのほのぼのとした日常風景と指示内容のギャップに、恐ろしさを感じます。

そして、彼の「アメリカが全て」的な発想が、
今のアメリカ中枢部の考え方そのものなんだろうなと思うと、
世界は(少なくとも日本の周囲は)、
とんでもない思想を中心にして回っているんだなと気付かされます。

ただ、作品としては、最後の最後、
色恋沙汰の話に収斂してしまったのが非常に残念でした。
ここまでの冷静かつ冷徹な判断力は何処へ・・・ってな感じで。
なんとも、勿体ない幕切れでした。

中東世界のキーマンたちを演じていた俳優さんたちが
みんな眼力があって、魅力的でした。



ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD]
ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD]
おすすめ平均
starsテロ、イスラム、拷問はアメリカもやりました。
stars迫力ない
stars異文化に認められた男
starsなかなか宜しいんちゃいます?
starsリドリー×ディカプリオ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
この記事のURL |  レオナルド・ディカプリオ | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<Q&RT | メイン | 『希望の国のエクソダス』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1849-63aff885
-『ワールド・オブ・ライズ』-
ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD]マーク・ストロング, ラッセル・クロウ, レオナルド・ディカプリオ, ゴルフシテ・ファラハニ, リドリー・ス... …
2010/02/27 08:02  雨読夜話 ▲ top

| メイン |