FC2ブログ
僕のらくご道
- 2010/02/13(Sat) -
『第9回 僕のらくご道』

久々の独演会に行ってまいりました。三遊亭天どんさんでございます。

が、残念ながら、ちょっと今日は上滑りな感じでした。
掴みの部分でお客さんが、どうにも重かったせいでしょうか、
噺に入っても、笑いの突き抜ける感が弱かったですね。
くすぐりが少ないようにも感じました。

最初は、創作落語で100万円がぐるぐるする話。
登場人物が高野さん、門馬さん、青木さんって(笑)。

続いて、三遊亭玉々丈さんによる「たいこ腹」。
熱演を客席がじっと見守るというような構図になってしまいました。
いつの間にか二ツ目に上がられてたんですね。

仲入り前は「二番煎じ」。
これが一番盛り上がりました。最後、落とし穴付きで(笑)。
「着物が勝手に炎の模様になってる」なんてところが、
天どんさんらしくて好きでしたね。

ゲストは、春風亭百栄師匠の「すし屋水滸伝」。
その前に、とんとんオチの「縁日」をディズニー風英語で演ったら・・・って
最高にクダラナイ(爆笑)。マイケル再登場だし。今日イチの破壊力でしたね。

最後は「居残り佐平次」。
今日は力技の顔芸が多かったですね。
ハマると面白いけど、外すと空気が沈むという賭け。
お調子者の感じは出てました。


春風亭百栄の落語 人間国宝への道・第一章春風亭百栄の落語 人間国宝への道・第一章
春風亭百栄

夢空間 2009-12-16
売り上げランキング : 28476

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
この記事のURL | 落語 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『海風魚旅 怪し火さすらい編』 | メイン | 『陰の季節』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1833-2d4e0032
| メイン |